2022年2月、COBRAにより公表されたAscension Plan Updateの中で惑星地球のアセンション計画改訂版*1が公表されました。これにより、2016年からPrepare for Changeによって掲示されてきたCommunity Leaders Brief をはじめとする一連の資料およびイベントサポートグループのガイドラインにも大幅な変更*2を加える必要性が出ています。

また、8月15日の惑星地球の状況アップデートでは、これまでの惑星解放への取り組みに関する情報を時系列に明示したうえで、あらためてイベント遅延の理由*3が示されました。

私たちは今この三つの事を正しく理解する必要があります。

下記にこの三つの事柄についての要点をまとめさせていただきました。過去の公表資料をもとにイベントサポートの準備活動を継続中の方、またはイベントサポートグループの活動に興味をお持ちの方はご確認ください。

主な遅延の理由
  1. この惑星の地表の異常と闇の量が膨大であるため、光の勢力は地表の人々を効率的に支援することができない
  2. 惑星表面周辺の亜量子異常には、前宇宙周期の最後の闇の残骸、生き残りの闇のエンティティ―が未だ隠されており、その掃討に時間がかかっている
  3. 2021年12月の神聖なる介入瞑想の後、プレアデス人が接触した地上ポジティブ軍(露・米・中)が、意に反してカバールに協力し始めたことが2022年の遅延の主な理由の一つ
プラン最新情報の要点
  • 1975年から2025年のアセンションの窓は2025年に閉じない。永久に開いたままである
  • これはエネルギーが増加し続けること、2025年以降もアセンションのエネルギーは銀河のセントラルサンから私たちの太陽系を通って地上に向かって永遠に永続的に流れていくことを意味している。
  • 非常に重要なことは、2019年夏にアセンション計画に大幅な変更がもたらされたことを理解すること。
光の勢力の理解として示されたこと
  • 地上の人類は光の勢力の物理的な直接介入が無ければ癒しと解放を受けることができない
  • 闇の勢力が地球を破壊することなく安全に直接介入できるようになるまで地上の社会は徐々に崩壊してゆく
  • そのため、イベントと銀河のスーパーウェーブの間に3つのアセンション波を設けるという当初の計画は修正された。
地球環境要点
  • 銀河のセントラルサンからの増加したエネルギーにより、地球周囲と以遠に残留しているすべての量子や亜量子の異常の浄化が続く。光の勢力によるネガティブな非物理的エンティティ―の除去が継続。
  • 太陽活動は第25太陽周期の太陽活動極大期に近づいており活発化が継続。
  • 現時点で科学者たちは2024年後半に太陽極大期を迎えると予想している(初期の予測2025年7月より早まった)
  • 上記のことから社会的な大きな変化は2023年初頭から2026年初頭の間に起こることが予想される。
  • これは現在の第25太陽周期の極大期の1年半に相当し、「Portal 2025における予想と完全に一致している。
改定プランの要点
  • 社会不安がピークに達し異常が十分に除去された時点で、光の勢力は現在の地上の非常事態を戒厳令にアップグレード
  • 地表の全住民が短期間(3~7日)の軍のロックダウンを受け、その間に大量逮捕が行われる
  • 巻き添えを出さずに軍事行動の安全性を確保するために、人々は確実に家に留まるように指示される
  • ポジティブ軍は量子パルス兵器を使ってネガティブ軍の武器を封じる
  • 量子パルス兵器によりポジティブ軍の命令に従わない軍隊や民間人は瞬時に動けなくされる
  • イベント終了後、地上の社会は数年かけて劇的な変化を遂げることになる
  • 地上の一般人は、マスメディアを通じて公開される暴露や開示に関する情報を咀嚼しながら、暗い過去の深い心の傷を癒し始める
  • この計画にはまだ秘密にしておかなければならない大きな側面があり、それはほぼ誰にとっても大きな驚きとなることが予想されている。
  • 最も極端なサイコパスやソシオパスはイベントとその直後に地上から排除されるが、多くの潜在的なソシオパスは銀河のスーパーウェーブまで社会に残り目立たずに静かにしていることになる。
  • システムを完全に一掃するには、かなりの時間がかかる
  • イベントの数年後に銀河パルスが到来

ここまでが、COBRAにより発信されたアセンション計画最新情報(改訂版*1)と惑星地球の状況アップデート(遅延の理由*3)の要点のまとめです。全文はこちらでご確認ください。

ここからイベントサポートグループのガイドライン*2に関する内容になります。

イベントサポートグループガイドラインについて
  • 最も重要な変更すべき点は「イベント直後の行動計画」になります。
  • 改訂により既存のCommunity Leaders Brief(地域社会のリーダーへの状況説明書)を使用する機会はなくなりました
  • CLBは全てのイベント資料文書の基本となるもので、ほぼ全ての文書に連動する形で作成されています。そのため、全てを見直し、修正を加える必要が出ています。
  • このような理由により、現時点で使用不可となる資料文書はオンライン上から一旦削除します。
  • 尚、現在もPrepare for Changeグローバルサイト及びcommunityleadersbrief.orgには文書は掲載されています。これは、このPFCが提供しているイベント資料があくまでも参考資料(ひな形の提供)であることを意味していることによります。
  • イベントは惑星地球のアセンションとはいえ、各国の文化が異なる以上、国によってその事象は異なるものとなります。したがって、大変難しいことではありますが、国ごと・地域ごとに現実的なサポートガイドラインが形成されることが理想とされていることです。
  • イベントサポートグループの役割は、イベント前とイベント時に留まりません。”イベント終了後、地上の社会は数年かけて劇的な変化を遂げることになる”と公表されています。「数年かかる」ということは私たちの現実的視点からも想像に容易いことです。したがって、イベントサポートグループの存在・役割は、むしろイベント後の方が重要になるのです。

以上、要点をまとめさせていただきました。これらのことから、最新情報に添った"現実的な”イベントサポートガイドラインが必要となったことをご理解頂けるかと思います。

また、地球解放に関する情報は常に流動的だと捉えることが肝要です。

現在イベントサポートの準備活動に取り組み中の方、これから取り組みたいとお考え中の方は、既存の情報を参考にしながらオリジナルのガイドラインを創出される際に、今後の変化もありうるという柔軟な考えで臨まれることをお勧めします。

今後について

ここにあらためて冒頭に掲げましたPrepare for Changeにおける「イベント」の定義を再度記させていただきます。

  • 「イベント」とは、情報提供者(COBRA)による一般的な呼び方で、地球に長期的な影響を与える一連の出来事を指して言います。世界規模の銀行と金融システムのリセットを伴う、私たちが「イベント」と呼ぶ移行時期では、しばらくは先行きが不透明になります。そこで、社会組織への直接行動を通じて、市民の生命活動をサポートする人の繋がりが必要となります。このネットワークを私たちはイベントサポートグループと呼んでいます。(Prepare for Change)

私たちは、この考えに賛同の意を寄せる独立個人の集まりです。現在、実務的な代替プランの協議・策定に取り掛かっておりますが、情報の性質上、こちらの情報共有は非公開オンラインコミュニティ上が主となる見込みです。今後読者の皆様方に参考にしていただけるような、公表できる情報に仕上がりました際には、このサイトを通じて情報提供をさせていただきたいとは考えてはおりますので、引き続きこのサイトにお心寄せいただけましたら幸いです。

本件に関するお問い合わせはこちらまで

電話:080-7793-2680(受付時間平日9:00~18:00)
メール:info@hontogaitiban.com